ありがとう!この一言がみんなを幸せにすると思いませんか?

私は「ありがとう」という言葉がとても大好きです。

理由はごく簡単!

「ありがとう」と言われて気分を害する人はいないと思うからです。

エレベーターから降りる時に「開ボタン」を押して

「どうぞ・・・」と言ってくれる方がいれば嬉しいですよね。

「お先に失礼します」とか「ありがとうございます」というのも

ごく当たり前のことだと思うし、

一瞬エレベーターの中の空気が和らいだような気がします。

こんな事ぐらいで? と思う方もいるかもしれませんが、

あなたが「嬉しいな」と思ったとしても、シャイで口に出せないとするなら、

一度勇気を持って「ありがとう」と言ってみませんか?

その一言で何かが変わるかもしれませんよ。

何事においても「感謝」してそれを「言葉で伝える」のは、

人が幸せでいられる第一歩だと思います。

怒るよりも感謝すれば疲弊しない

先般、某宅配便会社では働いている人達が疲弊していることが話題になりました。

確かに暑い夏、極寒の冬、雨が降ろうが何があっても、荷物の大きさや重さに関係なく働く彼等は肉体的に過酷な仕事をしています。

でも彼等の疲弊の原因は、労働がきつい・・・

それだけではないと思います。

ある時、荷物を届けてくれた某宅配便会社のお兄さんに

「暑いのにありがとうね、こんな重い物まで届けてもらえると助かるわ」

そう言ったら、ひどく驚かれました。

「いやぁ、これが仕事ですから」

「でも、ありがとうなんて言われること・・・ないです」

と言うのです。

えっ、そうなの?と思いながら聞いていると

「昨日も台風で荷物が遅れて・・・、ひどく怒られてしまって」

そう彼は続けて悲しい顔で話してくれました。

台風で荷物が遅れるのは宅配便会社のせいでも、ましてや彼のせいでもありません。

それに対して怒っている人って???

私には理解できませんでした。

台風で荷物が遅れて届いた

この事実は

待っていた荷物が届かなかったことに怒りを感じたとしても

その怒りの矛先を配達のお兄さんに向けても変わりようがありません。

それならば・・・

深呼吸して「台風で大変だったね、でもありがとう」

そう言って配達のお兄さんを労ってもいいのでは?

怒ったその人は、

なんだか関係のない日頃の苛立ちを彼にぶつけただけなんじゃないだろうか?

そんな風に私は思いました。

こんなことが日常茶飯事的に積み重なり、

指定された再配達の日時に荷物を届けに言っても留守で届けられない

そんなことが積み重なっていけば

誰だって心が折れて疲れ果てていきます。

私は足腰がかなり弱っていて(自己紹介を参考にしてください)

某宅配便のみならず、家まで食材を届けてくれるサービスなどの恩恵に預かっていますが、

本当に毎回「あなた方が届け物をしてくれるから、なんとか暮らしていけるわ」と

感謝の気持ちでいっぱいです。

たとえその仕事に対してお金を払っているとしても

それと共に「感謝」の気持ちを持って接する

その気持ちを「ありがとう」と言う言葉で伝えるだけで

世の中の人みんなが今より「幸せ」を感じられる時間が増えると考えているのですが

どうでしょうね?

ネットでもあるある「ありがとう」のない人

例えば食事時に「アーーーっ、そこのお醤油取ってくれる」と言って

家族が取ってくれた時も「ありがとう」と言います。

そんな話を知り合いにすると・・・

「家族にそんな気を使うの?」

「えっ? そんなこといちいち言う?」

最後には「気持ちが通じてないんじゃない?」

と驚きの声を聞くことがあります。

でも一つ屋根の下に暮らしていても、

そう簡単に「思い」は言葉なしには伝わらないと思います。

そして大切な家族だからこそ感謝の気持ちを伝えるために

「ありがとう」って言うべきだと思うのです。

日頃からいつでも

手伝ってくれたことに「ありがとう」と言っていれば

「母の日」「父の日」だから「感謝」なんていらないと言うのは

言い過ぎでしょうか。

まぁ、家族の話は別にしても・・・

それが友人であろうが、

ネットでご縁のあった人であろうが、

「ちょっと教えて欲しいのですが・・・」

なんて電話をもらったりメッセージを貰えば

自分のわかる範囲のことはできるだけ答えるようにしています。

そう言う時に「教えてください」に返事をしたものの

なしのつぶてで何の連絡もない時、

あぁ、あの返事ではダメだったのかなぁ? どうだったのかなぁ?

とハラハラと気になるのですが、一向に何の連絡もなく時間だけ立っていくと・・・

あまり気分のいいものではありませんよね。

役に立ったのなら「ありがとう、助かりました」と一言返事があればホッとするだけ。

そしてちょっと「私でも役に立てた」とハッピーになれるだけです。

なのに・・・

結構、多いのです。なしのつぶて・・・。

ネットビジネス成功者は「ありがとう」の言える人

恩着せがましく

「ほらっ、私の言ったことが役だったでしょう!」と言うつもりはありません。

でも「なしのつぶての人」には、

もう次の「ちょっと教えて」には答える気持ちになれないのは、誰もが思うことではないでしょうか?
・・・で、ふと私が知るネットビジネスで成功している人を思い浮かべると

みなさん「ありがとう」ときちんと言える人なのですね。

「今日は私のために時間を作ってくださってありがとう」

そんな言葉を自分の息子ぐらいの若者に言われたら、

ヘェーーー、日本にもまだこんなにきちんとした若い人がいるんだ・・・

と思うと同時に、

挨拶ができて、「ありがとう」が言える

これはビジネス成功者に共通することのように思います。

58歳シニア目前女子も

  • 時間を守る(締め切りを守る)
  • 挨拶をする
  • 感謝を伝える
  • 間違ってしまった時には謝る

こんなの常識だ!

当たり前だ!

そう思いながら、考えてみれば時々忘れているのですが、

アフィリエイトブログを始めて、ネットビジネスで成功している若い人に出会う機会が増えて

あっ、当たり前を自分は時々忘れてる!

反省することがあります。

日々、感謝の気持ちを忘れずにいれば、ハッピーな未来に通じると信じでいます。

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

  1. ヨッシー より:

    こんにちは!

    今回も素敵な記事ですね。
    私の知人でも足の自由が効かない方がいらして
    配達の方には、必ずお礼の品を渡してました。

    私も見習いたいと思って、準備をするのですが
    渡せるものがない時はありがとうを伝えるようにしてます。

    • えみにゃ より:

      ヨッシーさん

      いつもコメントをありがとうございます。

      時には形にして品物も良いですが、気持ちを言葉にして伝えるだけでも
      きっと感謝って伝わると思います。

      最近、ご近所の工事現場で誘導をしている方になんとなく挨拶をしていたら、
      それだけなのに「暑いですね〜」とかちょっとした会話をするようになりました。
      工事が終わればお会いすることはないかもしれませんが、小さなご縁も嬉しいものです。

  2. tonton より:

    おはようございます。
    「ありがとう」という言葉は笑顔を作ってくれる言葉ですよね。
    驕ることなくことなく感謝の気持ちを忘れない、人として大切な事だと思います。
    私もこの言葉は大切にしていこうと思っています。
    凄く優しく心暖かく、ブログ拝見しました。
    またお邪魔します。

    • えみにゃ より:

      tontonさん

      コメントありがとうございます。
      なかなか笑顔になれない日もちょっとニコッとして「ありがとう」と言えるといいな・・・
      そう思いながら実行できない日もありますが、なるべく、なるべく・・・
      「ありがとう」を大切にハッピーな気分になれるように!と思っています。

  3. トシカズ より:

    はじめまして、トシカズと申します。
    感謝の言葉「ありがとう」は年関係なく必要なことですよね。
    これが、なかなか言えずにいるのを改善しないといけないと思いました。
    応援していきますね。

    • えみにゃ より:

      トシカズさん

      ご訪問とコメントをありがとうございます。
      「ありがとう」ってシャイで言えないこともありますが、
      ほんとにわずかなことながら、これが言えるか言えないかでいろんな物事が変わると思います。
      なかなか言えないのなら、思い切って、勇気を出して言ってみてください!
      きっと周りも変わってくると思いますよ! 勇気の背中、押しておきますね。

      応援もありがとうございます。

      ぜひ、またお立ち寄りいただければ幸いです。
      ありがとうございました。