HP作成経験者があれ?っと思うWordPressって何なの?

昔、htmlでホームページを作ったこともあるけれど、WordPress(ワードプレス)って何?

ちっともわからない。

そう悩んでいる方はいらっしゃいませんか?

実は私も、昨年の今頃まではちんぷんかんぷん。

さっぱりわからない、使えないと思っていました。

私は以前にhtmlやcss、cgiなどを勉強して、Webサイトを作った経験はありました。

友人、知人に頼まれてホームページを作ったこともあったので「ホームページぐらい作れる」と思っていましたが、WordPressは使い方の概念や発想が違うところでつまずいてしまいました。

でも、このサイトはWordPressで作っています!

なんだこんなことで悩んでいたのか?

ハードルを乗り越えた今は「こんなに使いやすく」「SEOにも強い」のならば、もっと早くにハードルを越えられたら良かったと、後悔しています。

ホームページ作成の経験はあるのだけど・・・

htmlやcssはわかるのだけど・・・

WordPressが使えない。

この記事では過去の私がそうだったように、

WordPressが主流になってきてWebサイトをどう作るべきか悩んでいる方へ向けて

WordPressの使い方を紹介していきます。

WrodPress(ワードプレス)って何?

WordPress(ワードプレス)とはどういうものなのか?

↓↓ アドセンスブログ初心者ためWordPressインストールと設定で「WordPressって何?」にも書いたとおりです。

アドセンスブログ初心者のためのWordPressのインストールと設定
アドセンスブログ初心者のためのWordPressのインストールと設定
グーグルアドセンス広告を貼って、ブログで収益を出すためのブログ作のために レンタルサーバーを借りる 独自ドメインを取得する ...

WordPress(ワードプレス)はもともとブログを構築されるために作られたソフトウェアです。

その後、どんどんソフトが進化して、個人のサイトだけでなく企業のサイト、公的機関のサイトもWordPressが利用されるようになってきました。

WordPressは、PHPと呼ばれるプログラム言語で作られていますが、これをサーバーにインストールできれば簡単にWebサイト(ブログ)を作ることができます。

でも、今まで普通に自分のPC(ローカル)でホームページ作成ソフトやエディターを使い、htmlやcssで作ったページを、FTPソフトでサーバーへアップロードする。

こんな作業をしていた私にとって、上述のようなWordPressの仕組みを示されると、逆に難しそうで、難易度が高いしやめておこうかなぁ・・・と尻込みしていました。

実は・・・

私は今から7〜8年前に「これからのネットの世界は主流がWordPressになる」と聞いて、早々に本屋さんへ行って2冊の本を買いました。

↓↓これがその時に購入した本です。

税別で一冊2,800円。

この本を片手に「時代の波に乗ってホームページをWordPressで作るんだ」と必死で理解しようとしましたが、さっぱりわかりませんでした。

結局、挫折してこの2冊の本は本箱の片隅でずっと眠ったままでした。

仕組みを全部理解しないといけない!と思っていたのです。

使えれば仕組みがわからなくてもOKです。

テレビは毎日見ているし、PCだって毎日使っているのに、実のところ仕組みを理解しているか?といえば、ほとんどわかっていないのですから。

習うより慣れろ!のWordPress

今、この記事を書いているシニア女子のハッピーライフ」はWordPressを使って作っています

htmlやcssでWebサイトをつくためには、コンテンツ以外にデザインを自分で考えながらサイトを作る必要がありました。

WordPressでは逆に「テーマ」と言われる、あらかじめ用意されているWebのデザインを使うことが一般的であり、それがWordPressを使うメリットとも言われています。

しかし自分の思い通りにデザインできないことにも、私はイライラしてしまいました。

「テーマ」をカスタマイズできるぐらいスキルが高ければ、そんなことでイライラすることもなかったかもしれません。

その辺りが「私はホームページを作れる」と思ってはいたものの、初心者レベルだったのです。

それを認めて、WordPressを使うことのメリットを優先してみよう!

そう発想を転換して、素直にサイトを作り始めて、WordPressはコンテンツ作成に集中できるとても便利なツールだと気づくことができました。

意識改革って意外に大変です。

ああ、だからオバさんやオジさんは歳と共に時代に取り残されるのかなぁ?とすら思いました。

メリットは反対から見ればデメリットでもあるし、逆もありうる。

シニア目前で硬くなった頭をほんの少し柔軟にすることで、今ではWeb更新も快適にできています。

考えるより、使ってみる!

習うより、慣れろ!のWordPressでした。

WordPressを使うメリット

WordPressを使うメリットはたくさんありますが、サイトを訪問してくださる方が使う端末がPCよりもスマホやタブレットが増加している今では、閲覧端末にフレキシブルに対応して表示してくれる点は非常に便利です。

私の周囲を見回しても、自分の趣味を公開するページ、個人商店経営者がお店を紹介するページ・・・

コンテンツは様々ですが、自力でコツコツと、或いは半年間Web作成講座に通いながらとかなりエネルギーをかけてサイトを作った人が結構います。

でも今の時代を考えると、PCに適切に表示するように作った大半のサイトは、コンテンツが優れていたとしても、残念ながらスマホでは見辛いだけとしか言えません。

  • デザインにこだわりすぎなければ、初心者に使いやすい「テーマ」がある
  • FTPソフトが(ほぼ)不要
  • サーバーのどこにイメージファイル(写真)を入れるかなど考えなくて良い
  • SEOに強いテーマを選べば、SEO対策もバッチリ
  • プログラミング知識不要で使える便利なプラグインも使える

以上のようなメリットがある上に、ワープロで文字を書くのと全く同じ感覚で、文章を書いたり、写真を入れたりして自分のコンテンツを公開していくことができます。

デメリットがあるとすれば・・・

ネット回線に接続した状態でしか更新できないことですが、今やどこでもWiFiが使え、スマホのデザリングでPCを使ったりできる時代ですので、メリットの方が大きいでしょう。

まとめ

WordPressはほんの少しの知識があれば非常に簡単にWebを構築できるソフトウェアです。

しかし「過去のできた経験」が邪魔をして、自分自身が物事を難しく解釈してしまっていたことに気づいた時に、何事に対しても柔軟に対応する頭を持たなくては!としみじみと思いました。

自分では「頭の固いシニアにはならない」と思い続けていましたが、結構頭が固かったようです。

実際にWordPressを使って見て、全くの初心者でも簡単にWebサイトが作れることを実感しましたが、今までに得たhtmlやcssの知識もあった方が便利!なことも多々。

WordPressって何?と思われているWeb作成経験者の方は、これから一緒にトライして見ませんか?

最後までお読みいただきありがとうございました。¥

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする