【2020年版】はじめてのWordPress・サーバーとドメインの関連付け・エックスサーバー編

はじめてのWordPress

今回は独自ドメインとレンタルサーバーの関連付け(紐付け)について解説します。

ちび
ちび

関連付けってやらなくちゃいけないの?
なぜそんな作業が必要なの?

えみにゃ
えみにゃ

この作業をするとあなたが契約したレンタルサーバーに、取得した独自ドメインを使うことが、ネットの世界でと告知されるの。
だから作業がんばってやりましょう〜。


↓↓エックスサーバーの契約、独自ドメインの取得をはじめ、ここまでのエックスサーバーでのWordPressブログの作り方は以下の記事をご覧ください。


\この記事でわかること!/

  • サーバーとドメインの関連付けが必要な理由
  • エックスサーバーでのドメインの関連付けをする方法【実践】


WordPressブログ構築でのサーバーとドメインの関連付け

WordPressブログ構築で必要なこと

WordPressブログを作る時に必要なことは・・・

  1. レンタルサーバーを借りる
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインの関連付け
  4. WordPressのインストール
  5. WordPressの初期設定

以上です。

これから解説するのは、この中の3つめの「サーバーとドメインの関連付け」です。

サーバーとドメインの関連付けが必要な理由

なぜサーバーとドメインの関連付けが必要なのかというと・・・

ネットの世界ではレンタルサーバーを「土地」にたとえた時、独自ドメイン「住所」にあたります。

ただしレンタルサーバーを契約して、独自ドメインを取得しただけだと、あなたが契約した「土地」の「住所」がこれだ!とネット世界には認識されていません。

だからレンタルサーバーと独自ドメインを関連付ける作業で、あなたが契約した土地(サーバー)のココはこの住所(ドメイン)です!とネット世界に宣言する必要があります

このサイトは「lady58.net」というドメインで運営しています。

そして契約したエックスサーバーのココは「lady58.net」という住所だよ!と知らせるようなイメージ、それがサーバーと独自ドメインの関連付けをする作業です。

えみにゃ
えみにゃ

どうしてサーバーとドメインの関連付けが必要かわかりましたか?
わかったところで、実際にエックスサーバーでドメインの関連付けをやっていきましょう。

ちび
ちび

は〜い!!

エックスサーバーとエックスドメインの関連付け【実践】

まず、作業の流れと必要になるものをご紹介しておくと

  • エックスサーバーアカウントページにログイン
  • サーバーと独自ドメインの関連付け

だけですが、ログインする時にXserverアカウントが必要になるので予め準備しておいてください。

Xserverアカウントがわからない方は・・・

エックスサーバーを契約してXserverアカウントを持っているはずだけど「Xserverアカウント、パスワードがわからない」という方は、エックスサーバーを申し込んだ時に送られてきた「【Xserver】■重要■サーバーアカウント設定完了のお知らせ」というメールで確認できます。

エックスサーバーにログインする

エックスサーバーの Xserverアカウントページへアクセス、ログインします。

Xserverアカウントページ

  • ①Xserverアカウント
  • ②パスワード
  • ③ログイン をクリック


Xserverアカウント画面が表示されるので、下へすくスクロール。

ドメインが取得できているか確認する

まず「契約一覧」のなかから「ドメイン」で取得した独自ドメインが掲載されているかどうかを確認してください。

上図のように確認できれば次の作業にすすんで大丈夫。

ここに記載のない場合はしばらく時間をおいてから次の作業にすすんでください。

【一言メモ】

ドメイン取得直後はここに取得したドメインが掲載されていないことがあります。エックスドメインの公式サイトでも「最大1時間かかる」と記載されていますので、その場合は少し時間をおいてから確認してください。

独自ドメインを設定する

次に「サーバー」の「サーバー管理」をクリックする。


「Xserverサーバーパネル」で「ドメイン」→「ドメイン設定」をクリック。


「ドメイン設定」で「ドメイン設定追加」をクリック。


ドメイン設定で「ドメイン名」にエックスドメインで取得した独自ドメインを入力。

当サイトならば「lady58.net」が独自ドメインなので①にこれを入力し、②画面の確認をクリック。

この時に□無料独自SSLを利用する、□高速化・アクセス数拡張機能「Xアクセラレータ」を有効にするのチェックはそのままにしておきましょう。

次に「追加する」をクリック。


以下の画面が表示されれば成功です。

右最下部にある「戻る」をクリックすると、エックスサーバーと関連付けをしたばかりのドメインは「反映待ち」と表示されます。

反映されるのに最大で1時間程度かかりますので、「反映待ち」表示が消えて利用可能になるまで少し待ってください。

ちび
ちび

ずっとパソコンの前で反映されるのを待っているほうがいいの?

えみにゃ
えみにゃ

パソコンの前をはなれてもコーヒーブレイクしてもいいし、夜中に作業している時は一旦寝てもサーバー側でちゃんと反映作業してくれているから大丈夫よ〜。

時間をおいて反映が完了しているか確認するためには、もう一度エックスサーバーにログイン。
「ドメイン設定」で「ドメイン設定一覧」を見てみると、反映が完了していれば「反映待ち」の表示がなくなっています。(下記画像参照)

えっ?どうやってドメイン設定の画面へいくの?

①エックスアカウントへログイン ②サーバー管理へ ③「ドメイン設定メニュー」のドメイン設定でみることができます。


えみにゃ
えみにゃ

おつかれさまでした!
レンタルサーバーとドメインの関連付けの作業はこれでおしまいです。

エックスサーバーと独自ドメインの関連付けのまとめ

この記事ではエックスサーバーとエックスドメインで取得した独自ドメインの関連付けの方法を解説しました。

WordPressブログを作る時に必要なことは・・・

  1. レンタルサーバーを借りる
  2. 独自ドメインを取得する
  3. サーバーとドメインの関連付け
  4. WordPressのインストール
  5. WordPressの初期設定

ですが、その3つ目の作業ができたわけです。

↓↓エックスサーバーでのWordPressブログの作り方関連記事もご覧ください。


WordPressブログを作りためには、あとは 4. WordPressをインストールする、5.WordPressの初期設定が残っていますが、あともう一息で自分だけのブログを作ることができます。

↓↓WordPressのインストール、初期設定は以下の記事をご覧くださいね。


このブログでは還暦越えのシニアが、同世代の人にもわかりやすいWordPressブログの作り方を説明しています。

「説明を読んでもわからない?」「ここは違う」など、気軽にコメント欄にどうぞ!

えみにゃ
えみにゃ

最後までお読みいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました