WordPress・テーマって何?初心者が2020年に選ぶべきテーマは?

はじめてのWordPress

WordPressをインストールした直後のブログのトップページを見ると・・・

 

こんなふうな画面になっています。

「なんだか味気ないページ」ですね。

ネット上で見るさまざまなサイトはもっとかっこいいのになぜ?と思われるかもしれません。

えみにゃ
えみにゃ

心配しなくても大丈夫!
あなたのブログもWordPressのテーマをインストールすると、ぐーんとかっこいいブログに近づけますよ〜。

\この記事を読めばわかること!/

  • WordPressのテーマとはなにか?
  • 初心者が選ぶべきWordPresのテーマ
  • 選ぶべきWordPressのテーマは?


スポンサーリンク


WordPressのテーマとはなに?

WordPressのテーマは家の外観

はじめてWordPressブログを作ろうとしている人のなかにも、これまで「テーマ」という言葉を聞いたことがいるかもしれません。

そしてWordPressそのものと、WordPressのテーマはどう違うのだろう?と考えこんでいたり・・・していませんか?

(いえ・・・、私がはじめてWordPressでブログを作った時にすごーーーく悩んでしまったことなのです ^^;)

WordPressのテーマは・・・

  • レンタルサーバー = 土地
  • 独自ドメイン = 住所
  • WordPress = 建物の基礎部分

こう考えるとブログは建物本体であり、WordPrressのテーマはそのためのセミオーダーの建物の外観 というイメージです。

建物にごく普通の2階建て家もあれば、マンションもある。オフィスも三階建あれば超高層のビルもあるし、病院や学校・・・、建物も多種多様ですね。

また普通の家といっても、外壁が白い家もあれば、茶色や黒に塗装された家もあります。

そんな見た目のデザインをセミオーダーで作ってくれるのが、WordPressのテーマです。

【一言メモ】WordPressのテーマは外観以外にも・・・

どんなテーマを使うか?は外観以外にも、家の内装的なことにもかかわってきます。

また「SEO対策をするならテーマはこれでなくっちゃ」みたいに、多くの人にブログ記事を知ってもらうSEO対策もあれこれ言われますが、2020年現在は「SEO対策されているのは当たり前」の時代なので、どんなテーマを選んでも大差ありません。また「CMSシステムがなんちゃら・・・」というのにもあわてずに!いまやCMSなんてどんなテーマでも考慮して作ってあるので気にしないでおきましょう(^^)。

WordPressのテーマはセミオーダー、でもブログ運営には十分

Webデザイナー、Webエンジニアという言葉を聞いたことはありませんか?

こういう職業の人は「webサイト(ブログも含めて)を作る専門家」です。

そしてこの仕事の方たちはフルオーダーの家、つまりWordPressのテーマにあたるところを顧客のニーズを聞き取りながらフルオーダーで作っていくのが仕事といえます。

当然ながらフルオーダーは高価であり、「私のために素敵なサイト(ブログ)を作って〜!」とお願いすれば希望を聞いてデザイン的には大満足のブログを作ってもらえるかもしれませんが、料金が何十万円にもなってしまいます(^^;)

ごく普通の人が、WordPressのブログをはじめようとしても最初に何十万も費用がかかるなら、そう簡単にははじめられませんよね。

でも、今やネット上には無料でとても賢く優れたWordPressのテーマがいっぱいあります。

また有料のテーマでも1万円ちょっとぐらいの価格で、比較的手に入れやすく、優秀なものもたくさんあります。

無料や有料でも手頃な価格のテーマの場合、こんなブログを作りたいと思っても100%を実現することはできないでしょう。

でもブログで稼ぎたいブログ運営を収入に結びつけたいというニーズは十分に満たしたブログを作ることが可能なので、WordPressのテーマ選びができたらテーマをインストールして記事執筆の準備をはじめたほうが得策だと思います。

【一言メモ】デザインより文章力!

WordPresではじめてブログを作る時は、私も「こんなふうなデザインにしたい」と考えこむことが多かったです。でも広告を貼ってブログで収入を得ることを目的にするなら、デザインに凝るよりも記事をどんどん書くこと、そして勉強する時間がとれるなら、文章力をつけることに時間を費やすべきです。

土地(レンタルサーバー)を仮、住所(独自ドメイン)を持ち、WordPressのインストール(家を建てる基礎)ができたら、家(ブログ)のための外観をセミオーダーで作ってくれるのがテーマ。

ここまでの説明でWordPressのテーマがブログを作っていく上でどんな役割をするのか、わかりましたか?


スポンサーリンク


はじめてのWordPressテーマの選び方は?

WordPressのテーマの役割がわかったところで、ではどんなテーマを選んだら良いのか?ですが、2020年2月現在でWordPressのテーマは世界に1000以上あると言われています。

もちろん日本語に対応していないものも含んでいますが・・・(^^;)

・・・で、私ならどう選ぶか?というと「使っている人が多い」ということを重視します。

使っている人が多い = 使いやすいテーマ と考えられるからです。

たとえば「ワードプレス テーマ 人気」という言葉でネットを検索したとしましょう。

たくさんの人が「オススメ」としてテーマを紹介してくれているので、そんな記事を読んでいけば「このテーマはユーザーが多そうだな」というのもわかってきます。

その中からそのテーマの公式サイトで内容を確認してみるといいですよ。

WordPressのテーマ・初心者におすすめなのはこの2つ

私がはじめてブログを作る人におすすめするWordPressのテーマは2つのみ!

  • Simplicity2
  • cocoon

以上です。

どちらも無料のテーマながら初心者でも使いやすい仕様になっています。

またテーマをインストールしたあとの設定もそれほど複雑ではありません。

「はじめてだったし、設定するだけで時間がかかって挫折」とならないために、初心者にはむいていると思います。

2020年使うべきWordPressのテーマはCocoon!

当サイトも上述のテーマ「Cocoon(コクーン)」で作っています。

Cocoonを使う理由は・・・

私が「Cocoon」を使っている理由は

  • 1万円ぐらいの有料のテーマに負けない機能がありながら無料である
  • 開発者さんがユーザーの意見を聞きながら、常にバージョンアップされている
  • 無料テーマのなかでは利用している人が多いので、困ったことがあった時はネット検索すれば答えを見つけることができる

こんなところですね。

Cocoonの5つのオススメポイント

① 広告の挿入が楽にできる

私がWordPressブログをはじめて作った時は同じ作者さんの「Simplicity2」を使っていました。

その後「Cocoon」が発表されて「これはすごい!」と思い使っているのですが、「ブログで稼ぐ」ために必要な「広告タグ」を記事に挿入する作業が楽なことを知ったからです。

「おお、一瞬で広告タグを貼れる」というのはとても魅力でした。

(とはいえっても、これからブログ作りをはじめる初心者の方はイメージしづらいかもしれませんね。でも1記事書くごとにやらなければいけない作業は、時間を短縮して楽にできるのって大事です)

② 文章の中に囲み枠や吹き出しなどを入れて、記事が読みやすい工夫が可能

囲み枠とは・・・

こんなのや・・・

【一言メモ】

こんなの・・・

これもそうです!

囲み枠は、種類はまだありますが、色を変えることもできて、記事中のしっかり伝えたいこと、補足的に伝えたいことを、読者さんに完結にわかってもらえるので使いたかったのです。(いかがでしょう?)

もちろんこういった機能はテーマにのなかに入っていなくても、プラグインというプログラムを追加してインストールする、或いはhtml、cssというwebで使うプログラムがわかればできてしまうことですが、プラグインはたくさんいれると不具合がでてしまうこともあるし、htmlもcssも初心者にはわからないし・・・

そこで・・・プラグインなしで、htmlやcssがわならなくても囲み枠が使えるなんて「Cocoonってすごーい!」とSimplicityからCocoonへテーマを変更しました。

【プラグインとは・・・】

プラグインというのはWordPressブログを使っていく上で、少しサポートをしてくれるプログラムです。
但し、サポートするプログラム同士が時々不具合をおこすことがあります。プラグインAとプラグインBが特定の条件でケンカしてしまうような・・・。そんな理由でなんでもいいからたくさん使うのは避けたほうがベターです。
その点でもcocoonは一般的なWordPressのテーマに比べて必要になるプラグインを最小にして使うことができるのもメリットですね。

吹き出しはコレ↓↓

えみにゃ
えみにゃ

吹き出しはこれですよ〜。

「吹き出し」を使うと、文字がびっしり並ぶよりも、気楽に読んでいただけるかなぁ?と思い、オリジナルの画像「えみにゃ猫」を取り入れて、時々おしゃべりしています(^^)。

③「スキン」を利用すると一瞬でブログのイメージを変えられる

Cocoonには「スキン」というものが、あらかじめ多数用意されています。

これを利用するとブログ全体のイメージを一瞬にして変えられるのも魅力です。

無料ブログのアメブロを知っている方なら、アメブロは用意されたデザインの中から好きなデザインを選ぶことができるのをご存知ですね? そんな感じでスキンを選べば他の人とかぶるものの、デザイン変更が簡単にできちゃいます。

Cocoonのスキン紹介はコチラ>>

④cocoonは高機能になのに無料!

同じぐらいの機能を持つテーマはたにもありますが、有料です。

価格は1万円ぐらいから1万5千円程度。

絶対的に「これなら私の理想のブログを作ることができる」とわかっているならば、1万5千円の投資で素敵なブログを手に入れられれば納得する人もいらっしゃるでしょう。

でも・・・いくつかWordPressブログを作ってみて「実際に使ってみないとわからない部分」がありました。

その点cocoonは無料だったので「使ってみて納得できなければ、他の有料のテーマに変えてもいいか」と使いはじめましたが、今や「これ以上のテーマはない!」と思っています。

【一言メモ】WordPressのテーマを変える

WordPressのテーマは使いはじめてから他のテーマに変えることは可能です。
でもテーマを何度も入れ替えしているうちに、記事を、文章を書くことを優先して「ブログで稼ぐ」というメイン目的を忘れてないように気をつけてください。

⑤cocoonを使っている人が多い

これはcocoon以外でもそうですが「使っている人が多い」というのは支持されているというだけでなく、困ったことが起きた時などの問題を解決しようとネットを検索すると、困ったことを解決できた人が答えを記事にしてくれていることが多々あります。

もちろんcocoonにはトラブルを解決するための フォーラムもあります。 Cocoonフォーラム

↓↓こちらはCocoomの作者わいひら(@MrYhira )さんのtwitte投稿ですが・・

・・ということで「50万ダウンロード」はすごいことなのでご紹介しておきます。


スポンサーリンク


シンプルに文章で勝負するならsimplicity2もオススメ

Simplicity2は私がcocoonを使いはじめる前に使っていた、同じ作者さんが作ったテーマです。

デザインは非常にシンプルですっきりとしています。



囲み枠、吹き出しなどを使わずにシンプルに文章だけで勝負するブログなら、Simplicity2がオススメ!

ただし、作者さんはSimplicity2の後継テーマとしてCocoonを作られているので、今後のバージョンアップの可能性は低いかもしれません。

初心者から上級者まで・有料テーマのおすすめだったら?

ブログで収入を得ているブロガーたちが使っている人気の有料テーマをご紹介しておくと・・・

以上の2つです。


WordPressのテーマとはなにか?&初心者が選ぶべきテーマのまとめ

この記事ではWordPressのテーマとはどういうものなのか? から、初心者が選ぶべきWordPressのテーマについてお話しました。

私が個人的にオススメなのは無料でかつ優秀な「Cocoon」で、このサイトでも使用していますが、この記事があなたのテーマ選びのお役にたてたら何よりです(^^)

このブログでは還暦越えのシニアが、同世代の人にもわかりやすいWordPressブログの作り方を説明しています。

「説明を読んでもわからない?」「ここは違う」など、気軽にコメント欄にどうぞ!



最後までお付き合いいただきありがとうございました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました