先週、年金事務所へ行って来ました。

このブログを立ち上げる準備を始めたのは、私が58歳の時でした。

だから「シニア目前58歳女子が、アドセンスにトライして収入を得る」ためにトライしたネットビジネスについて書き始めたのですが、

それから1年半あまり経って、とうとう私も60歳を迎えました。

でも・・・

一つや二つ歳をとったからといって私自身が変わったという訳ではありません。

ただ・・・

お誕生日前に年金事務所から年金需給に関する書類が送られて来て、必要書類を提出すれば年金が支給されるよ、ということで、必要な書類を揃えて行って来たわけです。

あっ、でもこのブログでのえみにゃは

58歳シニア目前女子!

永遠に58歳ということにしています(笑)

 

年金支給に必要な書類

  1. 年金請求書  これは60歳の誕生日前に年金事務所から送られて来ます
  2. 住民票(世帯全体がわかるもの)
  3. 戸籍謄本
  4. 前年度の収入証明書(自分)
  5. 前年度の収入証明書(夫)
  6. 運転免許証などの本人確認のできるもの
  7. 銀行通帳またはキャッシュカード(口座番号がわかるもの)
  8. 認め印
  9. 年金手帳(自分)
  10. 年金手帳(夫)

2〜3は市役所または区役所などで発行してくれます。

これだけの用意をして、年金事務所に時間の予約を取ってもらって行ったのに、事務所はひっそり閑。

連休明けで混むかと思っていましたが、予想外。

担当の人に聞いてみれば「嵐の前の静けさみたいで、こんなに人が少ないことも珍しい」とのことでしたから、

  • できるだけ電話で時間の予約を取る
  • 時間どうりに手続きが終わらない可能性があるので、余裕を持って出かける

と考えていた方が良いでしょう。

 

60歳で年金が支給されるかどうか?

これはケースバイケースです。

ずっと専業主婦で夫の扶養家族だった場合。

年金を納めている期間が、十分でない場合。

なのでご自分のことが気になる場合は、直接近くの年金事務所に問い合わせてみるのが一番。

 

ここではずっと厚生年金に加入して60歳を迎えた、えみにゃが年金を受け取れるか?についてお教えしていきますね。

もしも・・・

即会社を辞めたとしたら、60歳から65歳までは老齢基礎年金を全額受け取れます。

しかし今も、フレックスで自宅で仕事をしているとはいえ、会社員の私は給与所得者なので「28万円の壁」があり全額支給を受けることはできません。

 

↓↓「28万円の壁」についてはこちら

シニアにアドセンスをすすめる理由は年金受給に関係する!

 

繰り上げ支給で受け取れる年金?

しかし「繰り上げ支給」という制度があり、それを受け取ることも可能だと知りました。

同年代の女子が集まると「繰り上げ支給」というのがあるらしい。

でもそれを受け取ると年金全体の受取額は減額されるのだって・・・

そんな会話になることがありましたが、実のところ正確な詳細ってちっともわかっていませんでした。

 

いつ何が起こるかわからない世の中です。

例えば道を歩いていて、暴走した車に事故に巻き込まれる。

もう大丈夫かと思いますが、某国からミサイルが飛んでくる・・・。

そこまで考えなくても、明日のことがわからないのが人生。

多少、損をしても今まで一生懸命お支払いして来た年金保険ですから、早く受け取りたいと思います。

 

繰り上げ受給を利用すると、減額以外にもいくつかのデメリットも出て来ます。

これもきちんと調べて、じっくり考えた方が良いでしょう。

 

たったひとつ正解がわかった、年金のこと

例えば、会社に属して厚生年金加入から外れた場合。

アドセンスやネットビジネスでいくら収入を得ても、個人事業主が加入する国民年金の加入期間は60歳まで。

だから私の場合は

株で稼いでも、ビジネスを立ち上げて稼いでも、今すぐに会社を退職したならば、年金全額受給が可能だということでした。

これは窓口の担当者さんから聞いたことなので、間違いはないはずです。

 

もう2年近くネットビジネス(アドセンスなども含む)が楽しくてたまらない私。

いつまで会社にいよう・・・

いきなり辞めます!って訳にはいかないよね?

そう思いながらも、会社時代よりしっかりと収入を得て、ネットでフリーランスで仕事をしながら、束縛されない自由な時間を手にすることを積極的に考えよう!

そう思った、年金事務所訪問でした。